安定した不労所得にアパート経営が人気

安心して暮らせる老後のために、退職後にアパート経営を始める人が増えています。

アパート経営は、ある程度の広さの土地を持っているけれど有効活用できていないという人が、無理なく始めることができる不労所得として、人気があるからです。
特に年々人口が増えているといわれる都会ではアパートなど住宅設備が不足している傾向もあり、需要も高まっています。

これまで畑や駐車場として貸し出していたという土地オーナーも、都会ではその需要も減っていることからせっかくの資産を持てあましているといえます。その点、アパート経営なら管理がしやすくそれでいて安定した収入が得られると好評を博しています。
土地にかかる税金の負担から手放してしまうよりも、むしろ不労所得として定年退職したあとに安心して暮らせる収入を確保するための資産運用に興味がある人は決して少なくはありません。

車の保有をしている人が少なくなっていることから需要の減っている駐車場経営よりも、数年単位での契約も多いアパートで収入を得る方が、アパートを建てるための費用を考えても将来的にコストパフォーマンスがいいとされています。
アパート経営は無活用の土地を持っている人や、退職後の不労所得を求めている人にニーズが高まっているのです。